悩み事と告知

悩み事

不定期ながら、ブログをやらさせてもらっているが、機材紹介のブログをしたいのにどうすればいいのか分からないということに頭を抱えている。具体的にいうと、なるべく良い機材デモを行う方法を模索しているのである。

私の住まいはアパートであるため、アンプ→キャビネットで音を出すことは難しいのだ。今、OBS studioを使いながらLogic内に入れた、Two Notes社のWall of Soundsプラグインを通してやってみようか考えている。近々にOrigin EffectsのRevival Driveの機材デモをあげたいのだが、ちょっと時間がかかりそうだ。それだけでなく、Revival Driveの出費とサークル関係の出費が重なってしまい、アルバイトを多めに入れることに決めたため、時間がかなり制限されてきたのだ。その上、今月(5月現在)、私が通っている大学での大きな軽音イベントに出演することが決まっているので、練習の時間も作らないといけない。それだけでなく、文化祭のテーマ曲にも挑戦したいということもあり、やりたいこととやらなければならないことが溢れかえっている状態。キツい。

 

告知

今週の土曜日は大学で行うサークル内のライブがある。Revival Driveの機材デモは遅くなるかもしれないが、そのライブで使った自身のエフェクターボードの紹介はできるかもしれない。あらかじめ、使用機材を紹介しておこう。ギター:Bizen Burned Standard → Studio Daydream KCM-OD Ver10 → Boss MS-3 → ループ1:Rockman Guitar Ace ループ2:Mad Professor Loud n' Proud ループ3:Origin Effects Revival Drive である。

音に関しては後日、ブログで説明する。注目して欲しいのは、RockmanのGuitar Aceというものだ。私はこれを80年代のダイレクトでコンプをひどいぐらいにかけたクリーンサウンドを作るためのプリアンプとして使用している。今も、15,000円程度で買えるが、Rockmanファンの人々の間では大変不評である。Boston、B‘zで使われたXPR等にあまり似つかないからだろうか。個人的に、Guitar AceよりもX100が良かったが中古で70,000円を超えるプレミア品であったことから今のようになっている。金持ちだったら、買っていた。

バンドで安全地帯をやるため、あのクリーンサウンドを作るために使っているが、満足している。近いうちに音も一緒に紹介して聞かせてあげたい。

ブログってなんだ?

ブログ始めました。

生まれて、20年ほど経つが、ブログというものをやったことがなかった。私が幼い頃、よく両親の世代の人たちがよくmixiアメブロとかやっていたのは覚えていた。これを読んでいる人たちの中にはグサッとくるかもしれない。前者は今ではもう聞かなくなったものだが、そもそもブログ自体、あまり人気のないようにも感じる。

 

しかし、ブログに似たようなものでよくTwitterはよく使っている。自身にとって、Twitterはブログの簡略版(?)みたいに思えた。自分の日常や呟きを発信して、時には意見交換を行なったりする。私にとっては、これが面白く思えた。

 

ブログを始めた経緯としては、私自身がよく楽器機材紹介のブログやレビューを見るところから始まった。古めの機材を譲り受けたり、安く買ったりすることがあったので、それらについての情報を求めて閲覧してた。

 

しかし、最近かどうかかはわからないが、レビュー系の記事がGoogleの検索結果の方で、あまり見つけることができなくなっていることに気がついた。気になっている機材のレビューとか情報を得たいのに、出てくるのは通販か画像だけ。場合によっては中華詐欺サイトのようなものが上がってきたりする。すごく嫌だった。

 

そのため、自身が持っているものや今後買う機材を紹介していこうと思う。お金は自分で払っているので、正直なコメントを書きたい放題。だが、私は学生の身分(2022年現在)、勉学が優先である。それだけでなく、楽器機材は高価であるため、ブログは不定期になる。あと、一応日記みたいな扱いもしようと考えている。忘れた頃に戻ってきて、「あー、僕ってこんなことしてたんだなぁ」というように自身の軌跡を記せるものにできたら嬉しい限りである。

 

多分だが、機材紹介ブログ第一弾はOrigin EffectsのRevival Driveになるだろう。少ない収入で奮発して買った高級エフェクターだが、レビューが少ないことに気づいた。タメシビキ!やbenimaruさんの動画ぐらいだろうか。海外の動画は多いが、ブログで見ることはあまりない。なので、自分が使ってみてわかったことや評価をしていきたい。